スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気管支鏡検査

本日受けてきました、気管支鏡検査

内科の主治医からの脅かしで、前日からビビっていましたけど、こうなるとまな板の鯉状態でした。

まず吸引機で15分麻酔薬を吸引するんです。

すると舌と喉の感覚が無くなり、ツバも飲み込めなくなるんです。

そこから内視鏡室で先生が気管支に直接麻酔を入れるんですが、これがメチャ辛かった・・・

息を吸いながら投入されるので苦しくて、涙は出るし嗚咽、咳など

麻酔が終わると鉛筆よりちょいと細い感じの内視鏡を肺に入れられます。

入れて行く最中はちょっと嗚咽が出るけど、あまり感じ無くて楽でした。


56_2013111421363898e.jpg

結局検査の結果は何も無いらしく安心しましたけど、いやいや辛かったです。

検査が終わると麻酔の影響かボ―ッとして2時間以上院内で休んでから帰宅いたしました。

もうやりたくないですねぇ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。