スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天koboスタ宮城の近況

コボスタ宮城(まだ言いなれないなぁ)

久しぶりにちょっと偵察に行ってみました。

臨時席の蔵王につづき栗駒も全て撤去されていました。

10_20140116092402e0a.jpg

11_20140116092404f3d.jpg

そして数々のベストショットを撮らせてもらっていた犬鷲の森ステージも無くなってた(T_T)

12_201401160924070e4.jpg

夏場は丁度順光でエンジェルスの皆さんを撮るのに最高だったのに~、また落ち込んでしまいます・・・

犬鷲銀座も撤去されてるし~

13_201401160924103ba.jpg


工事の看板を見つけました。

15_20140116092439a09.jpg

どうやら臨時席では無く、本格的に増席される様ですね。

翌日こんな記事が上がってました。

楽天が今季中に本拠地コボスタ宮城の座席を増やすことが14日、分かった。三塁側内野スタンドを増築し、常設で約3000席を増やす。既に建設地一帯を整備する工事がスタート。公式戦の傍ら、4月に本格的な工事を始め、夏には完成させる計画だ。秋以降の運用を目指す。17日に、球団から正式発表される。

 昨季のレギュラーシーズン主催試合の観客動員128万1087人は、創設9年目で最多を記録。背景には、チームの躍進があった。田中将大投手(25)の活躍もあり、初のリーグ優勝。シーズン終盤は満員が続いた。その田中はメジャー移籍するが、盛り上がりをつなぎ留めるため、過去最大規模の増設に踏み切る。いわば、田中らの活躍で上がった利益をファンに還元する“田中シート”誕生だ。

 一番のポイントは、常設となることだ。昨季も、9月に三塁側内野と左翼後方に約2100席を増設。その後も臨時席などで段階的に増やし、日本シリーズ中は最大2万8120席まで増やした。ただ、三塁側内野と左翼後方の増設は仮設スタンドによるもので、同スタンドはオフに撤去された。今回、常設とすることで、最大収容人員は常に2万6000人を超える。04年秋の球界参入時に、日本野球機構(NPB)から「2万8000席」を確保するよう要望されていた。創設10年目で、その数字に大きく近づく。

シーズン中にも工事するんですかぁ、外野に行くまでまたごちゃごちゃしちゃいそうだな。

増席は良い事なんだけど、私的には小じんまりした従来の球場が好きだった。

そもそもボールパークの構想で場外の楽しいイベントやアミューズメントが楽しい宮城球場が毎年縮小していくのは悲しいな。

球場の看板はまだクリネックスのままでした、いつ変わるのだろう?

14_20140116092412912.jpg
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。