スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

閖上サーフでカレイ狙い

昨夜は牡鹿半島に気合い入れて夜投げに出かけました。

一箇所目、日暮れから開始、一投目から穂先ライトがグンとしなり。手ごたえ十分。

かなり途中突っ込まれアイナメと期待したが上がったのは70センチの太アナゴ~

ガッカリです。

しかもその後は親指サイズのアナゴばっかで

2時間で場所移動、次の場所に移動していると道路脇には沢山鹿が出ていて驚いたっす。

一匹は目の前横切って危なく衝突しそうになった

次の場所に移動するもこちらは真っ暗闇で反応なし、1時間でまた移動

次の場所ではヒトデばかりで、22時前に精神力がもたず帰宅してしまったのでした

明けて今日天気の良さにクラブの太田氏に電話し昼飯食ってから閖上サーフに行くことに

なんせ前日の餌が残ってるしねぇ

1.jpg

そこそこ波っ気が有り、風もほぼ横風、流れも多少有り竿2本で勝負です。

1本には岩ゴカイ、もう1本にはBBワームを付け投入です。

30号の鉛でもゆっくり流され、一流しごとに餌の点検ですが、どちらの餌もそのままの状態で戻ってきます。

2.jpg

太田氏も思いっきり投げますが自分と同じ感じで結構暇な時間が過ぎていきます。

話相手いたから何とか耐えられましたけど。

空には次々と飛行機が着陸態勢でやってきていましたよ。

3.jpg

日暮れ近くなると岩ゴカイ捕られる様になって来たんです。

そしたらBBワームを付けてた竿を煽ると重たい

一応アワセを入れ巻き始めるといい手ごたえが伝わってきました

こりゃ魚だろと巻いてくると波口に行って見ていてくれた太田氏がカレイだよって

4.jpg

来ましたがな、40センチのイシガレイ

良く肥えています

5.jpg

しっかりBBワームに食い付いていました。

6.jpg

おそるべしBBワーム

なんかすっかりお気に入りの餌になりそうです

潮も段々穏やかになってきて良い感じになったんですが、日暮れで間もなく手元が見えなくなってしまい、納竿。

もうね日が落ちるの早過ぎるよ

取りあえずカレイの姿が見れたので良しとしますかねぇ

 



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

仙台広瀬キャスターズ公式サイト
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。