スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ来年復活

長い間親しまれてきたゴジラが、ついに3D映画としてスクリーンに蘇ることが正式に決定した。

バラエティ誌によれば、『ダークナイト』(08)や『The Hangover』(09)などの大ヒット作を生み出してきたレジェンダリー・ピクチャーズとワーナー・ブラザーズが再タッグを組んで製作。タイトルは未定だが、『ゴジラ対ヘドラ』(71)の坂野義光監督や奥平謙二プロデューサーも総製作指揮を兼ね、東宝が日本の配給を担当。2012年公開に向けて製作を開始する。

1954年に東宝が生み出した『ゴジラ』は幾度となくリメイクされており、アメリカ公開の最新作としてはローランド・エメリッヒ監督作『GODZILLA』(98)が、全世界で約4億ドル(約360億円)のヒット。その後も、映画のみならずビデオや本などゴジラ人気は健在で、3D映画で新たなファンを取り込めると判断。また、モンスターを主人公にした『クローバーフィールド/HAKAISHA』(08) が、製作費わずか2500万ドル(22億5000万円)で約2億ドル(約180億円)も稼ぎ出したことで、モンスター映画のニーズがあると踏んだようだ。

ゴジラの3D映画化については、5年前くらいにも噂になっていたが、『アバター』(09)やアメリカで大ヒット中の『アリス・イン・ワンダーランド』で3D映画人気が定着してきた今、満を持しての正式発表となった。

色々画像も出てきました。

godzilla2012-design02-thumb-515x400-16106.jpg

godzilla2012-design01-thumb-582x400-16107.jpg

坂野監督が参加するだけあって、ゴジラの敵はへドラになりそうだとの事です。

いや~楽しみですな。

rtyrtyrty7777.jpg

体長もメチャデカくなるらしいし、ハリウッドの資金が投入される作品は見ものです。

ただVFXだらけだけは勘弁してくれ。

ゴジラはスーツアクターで動くのが魅力だから、そこだけは譲らないで欲しい

a2fc0195.jpg

98年のGODZILLAはゴジラじゃないし、頼むからお願いしますよ~。

楽しみだなぁ~。



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

仙台広瀬キャスターズ公式サイト
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。