スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなりハードな連戦 夜ハゼ編

昨日と今日釣り連戦を新会員ワッチ―とやってみました。

まずは昨晩、福島県相馬にて前回ランクの出た夜ハゼへ。

大潮で風も無いとの事で大いに期待して相馬に向かった。

日暮れ前に到着、すると結構釣り人が出ていました。聞いてみるとここの所マコガレイやホシガレイが釣れ始まっているとの事。

カレイもやりたいと後ろ髪惹かれましたが、今日の本命はハゼです。我慢我慢

いよいよ日が沈みスタートフィッシング、すると1投目からガンと大きなアタリが出た

きたよきたよ初めから27センチのハゼドン

10.jpg

すると直ぐにワッチ―にも同サイズ27センチのハゼがキターーー

11.jpg

このポイント、昼間に竿を出しても餌もとられず何の反応も無くて、本当に魚居るのかと思う様な場所で。暗くなると一変する不思議な所です。

暖かくなれば昼間でもカレイやアイナメなんか釣れるんですが、冬場はね。

明るいうちに居たカレイ狙いの釣り人は全て反対方向狙いで、自分達が逆向きに準備をすすめていると不思議そうに『何釣るの』と声掛けてきます。

それだけ今時期は誰も狙わない所、我々の穴場なのっしゃ~

思いっきり雰囲気は釣れそうな夜なんだが、後が続かない

こんなはずじゃ~、たまに釣れるのはアカハゼですよ・・・

イマイチだぁ

12.jpg

折角前回の教訓を生かし針のサイズを12号まで落として挑んだのに・・・

しばらく粘って何とかAランク25センチをゲットできた

13.jpg

そのごアタリも止まってしまってどうしうかと話をしていると、地元のハル君が様子見に来るとの事で、来るまでやりましょうと決定。

ワッチ―が持参したコンロで暖かいコーヒーを入れてもらいハル君を待った。

仕事終わりで差し入れをぶら下げて23時ハル君登場

そこから最近の相馬情報や馬鹿話していたら、あっという間に0時を過ぎていた。

翌日はサーフでカレイ狙いと決めていたので、そろそろ止めて帰って仮眠しようとなりまして、魚の入ったバケツを開けてみた。

14.jpg

暗くてよく判らなかったが、小さいやつマハゼと思ってたらアカハゼじゃん

結局ランクのハゼだけお持ち帰り。

ワッチ―も同じくアカハゼキープしてたよ

15.jpg

もうちょっとランクが欲しかったけど、Bランクのハゼをお互いキープ出来たから良いかぁ。

さして帰りに感動の出来事が

相馬より下道をあまり飛ばさず帰ったら、な、な、なんと

仙台の六丁目あたりまで信号に引っかからなく帰れた

これって凄くないすかぁ

明日はサーフカレイ編をお送りいたします



にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村

仙台広瀬キャスターズ公式サイト
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。