スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地にも花が咲く

先日、震災の津波で釣り仲間の何人かが残念な事に自宅が流され、またご家族も亡くなられてしまいました。

あの日から大分経ち、協会長や数人の仲間で被災された皆さんの所に義捐金を届けがてらお見舞いに周ってきました。

家族の亡くなられた方々は、やっと避難所から新しい住まいを見つけたばかりで、ご仏壇の準備もままならない為、お線香は自宅のあった場所にとの希望で自宅跡地に行きました。

61.jpg

沢山の住宅が建っていた所がな~んにもありません

ガレキは大分取り除かれてはいましたが、まだまだほんの数%、これからこの地区の片づけは途方もない作業になると思います。

友人宅も基礎が残っている程度。

62.jpg

何て言っていいのか言葉がみつかりません

みんなでお線香をあげ、ご冥福を祈るだけでした・・・

もうこんな惨劇は嫌です。もう何も起こらないで欲しい。

こちらのお宅は海から数百メートル、きっとあっという間の出来事だったんだろうな、傾いた木の向きを見ると波が襲ってきた方角がなんとなくわかりました。

64.jpg

そんな中、海水が来たであろう、庭にあった水仙が咲いていました。

63.jpg

この花を見たらまた胸が張り裂けそうになった

 

被災された皆さん前向きになっていたで本当に良かった。

また時期がきたら皆で釣りが出来る日が来る事を祈るばかりです。

 

連休も終わり、各地から来ていたボランティアの皆さんもお帰りになった方が多いとの事、まだまだ被災地では猫の手も借りたい状態が続くと思います。

自分も微力ながら週末、石巻地区の知り合いの所に手伝いにいってみようと思います。

また石巻には我が家のお墓もあるので、お寺さんがどうなっているかも気になるのでついでに見てこようと思います。

どうか無事であってほしいものだ。

 

logo_red.jpg

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。