スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレイ釣り好きのみなさん見て下さい。

震災からやっと2ケ月が過ぎました。

遠い親戚が石巻市山下におりまして、片づけの手伝いに行ってきました。

山下あたりは多少冠水したくらいだった様で、片づけも割と進んでおり細かい部分の手伝いとなりました。

しかし体はギシギシいっております

途中どうしても渡波周辺がどうなっているか見たくて昼にちょっと時間を貰い見てきました。

渡波に向かう途中は衝撃的な光景でした

1.jpg

崩壊です・・・

今回の震災後初めて沿岸部に行った訳ですが、なんらはかどっていません。

ただガレキを避け道路が通れる様になっただけ、いまだにそんな状況です。

2.jpg

波を被った車はすでに赤茶色にサビでいて

もう行政、自衛隊や個人のボランティアでどうこう出来る問題じゃない、政府が早く動かないとどうしようもない

言い方悪い表現だけどゴジラが街を潰していった様な感じだ。

日和大橋を渡ると最初に目に飛び込んで来たのはコレ。

3.jpg

鯨の大和煮の缶詰でお馴染みの石巻水産のバカデカイ缶詰モニュメントが道路にゴロンと横たわっていた。

この街道両脇は悲惨な状況でした。

4.jpg

そして毎年毎年イシガレイを釣って楽しませてくれた長浜へ。

6.jpg

8.jpg

公園はこんな状況に。

何度も美味しい牡蠣フライ定食を食べていた石巻しみん市場も

5.jpg

長浜のサーフはガレキが散乱しているものの今は穏やかになっていた。

7.jpg

このサーフが牙を向くなんて・・・

続いて幼稚園前の階段ポイントへ

9.jpg

階段は粉砕され津波は幼稚園を直撃したんだと思う。

幼稚園の建物は残っていたが、周りは未だに水が

10.jpg

園児達は無事避難出来たんだろうか

通称ゲート前のポイントは

11.jpg

ゲート下の民家がやられておりました。

次に渡波漁港へ行ってみた。

途中まで行くと冠水していて通行できず、この先をすぐ曲がった所に車を駐車して渡波堤防に行った所です。

12.jpg

回り道をして市場前あたりに出ると、やはり冠水していました。

このあたりは大潮の時は凄く冠水しちゃうんだろうなぁ地盤は70cmくらい下がっているそうですから。

市場も当然無くなっていました。

14.jpg

奥に見える白い橋は万石橋です。

逆を見ると製氷所は破壊され堤防自体

はかろうじて残っている様に見えました。

13.jpg

もうカレイの聖地じゃなくなってしまった

ここで釣りが出来る日が戻ってくるのでしょうか

海底には沢山のガレキが有るでしょうし、現状のままなら仮に堤防に行っても満潮時は戻ってこれないでしょう。

Dランクのカレイに次に出会えるのはいつの事か・・・

この写真で見て判る様に地盤がかなり下がっていますよね。

15.jpg

こんなのも見つけちゃいました。

16.jpg

干からびたサバかな

 

こんな光景見たら住民の皆さんに頑張ってなんて、とても言えない。

頑張ってるのは当たり前なんだし、さらに頑張れなんて・・・

頑張らなきゃいけないのは政府や行政のお偉い方々だ。

お前ら、野党だ与党だと言い合う前にもっと動いてくれ、頼む。

早く元の豊かな海に戻る様に頑張ってくれ

 

全国のカレイ釣り好きの皆様、今カレイの聖地は死にかけています、皆さん祈って下さい。そしていつの日かまた全国のカレイ好きの皆さんと竿を並べられる日が来ます様に。

Dランクのカレイに再び出会える日まで・・・

 

200.jpg

 

 

 

 




にほんブログ村 釣りブログ 投げ釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。