スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杜の市場で凍天を食す

杜の市場に買い物行ったんです。

10.jpg

今回の目的は干物を買おうと思いまして、休日とあってか場内は買い物客で混んでおりました。

11.jpg

干物を買う前に、鮭のカマを発見したので購入。カマ焼き大好きなもんで

そして目的の干物、ホッケを買いました

12.jpg

場内をうろついていると館内放送で『只今よりマグロの解体ショ―を行います』と流れ行ってみました。

70kgのメパチマグロの解体です。

13.jpg

人だかりが凄い中、見てたら大将が今からジャンケン大会をしますと

勝ち残ればマグロのホホ肉やら、脳天、目玉などプレゼントだって

意地汚い自分は勿論参加しました。

1回戦勝ち抜いたが2回戦で敗退

勝負事は相変わらず弱いです・・・

ジャンケン大会も終わり、またうろついていると、何だか良い匂いが

匂いの元はココ

14.jpg

もち処 木乃幡さんから、そう福島名物、凍天を作っていました。

凍天(しみてん)は、福島県に江戸時代より作り伝えられる「凍もち(しみもち)」にドーナツ風の生地を付けて油で揚げてあるので、衣はふんわり、周りは、サクサク、中のお餅はもっちもちと、フワッ、サクッ、モチッが揃った「揚げ餅」です。

凍天が生まれたのは、今から約二十数年前、福島県は南相馬市のあやめ園で、木乃幡が営んでいた夏季限定の露天団子茶屋の商品「凍もちの天ぷら」として販売されました。

早速1個(110円)を購入、それと味噌屋さんの豚汁ミニ(100円)でお昼替わりです

17.jpg

熱々の凍天は外はカリっ、中はフワっしてて美味しいのだ。

15.jpg

外の衣は若干甘めでして、中の凍み餅と愛称抜群、凍み餅はヨモギ餅なんですな。

そして豚汁、これがまた美味いのよ

16.jpg

具だくさんで、さすが味噌屋の豚汁、汁がメチャ美味い

今度は大きいやつ食べたいな。

この杜の市場は魚介に野菜、果物、肉となんでも有り、新鮮な物を安く販売しています。

そして場内には沢山の食べ物屋が入っていて、食べ歩くのも楽しいかもです。

次回はここでウニ丼食べてみたい

18.jpg

場所は仙台中央卸売市場近くなので、お近くの方は是非どうぞ

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。