スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これ必要ですか?

仙台市とJR東日本仙台支社は19日、地下鉄東西線が開業する2015年度を目標に、JR仙台駅2階の東西自由通路を拡幅整備する基本協定を締結した。東西の連絡機能の強化に伴い、JRは駅東口周辺の開発計画を推進。市は東西駅前広場の再整備などに取り組み、東北の玄関口にふさわしい駅周辺の一体的な街づくりを進める。
 新たな自由通路は、現在の6メートルを約16メートルに拡幅する。3層構造で高さ約16メートルの吹き抜けとし、通路を挟む南北の線路上部に商業施設(6階)を建設。5、6階に駐車場を設ける。
 12年度中に着工し、使用開始は15年度を予定している。自由通路の拡幅整備費用は約30億円で、市が3分の2、残りをJRが負担する。維持管理はJRが担い、24時間通行を確保する。
 商業施設とともにホテル、業務施設の計3棟で構成する複合ビルを東口に整備するJRは、自由通路に接続する改札口を新設。駅利用者の回遊性や利便性の向上を図る。
 東西駅前広場の再整備では、路線バスや高速バスの乗降場の集約化を図るとともに、JR線や東西線など公共交通機関の相互乗り継ぎ機能を高めるため、エスカレーターなどを設置する。

1.jpg

東口はオイラのテリトリーで便利になるのは非常に嬉しいのだが、この事業は今なわけ

まだ震災から一年経っていなんてすけど、他にこの予算の使い道ないのかね。

仙台駅から30分の沿岸部は、な~んにも無くなっちゃっているのに、仙台市それでいいのかぁ

スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。